~簡易自動消火設備「トマホークジェット」のご紹介~

こんにちは。

今回紹介致しますのは、うちの主力商品・・・セコムアルファ社 TOMAHAWK JET(トマホークジェット)です!!

この簡易自動消火設備「トマホークジェット」は販売開始から30年以上経っており、
第1世代から始まったトマホークジェットも今では第5世代まで改良を重ねられ進化しています。
このトマホークジェットがここまで愛用され続けている理由はなぜなのでしょう。

これがトマホークジェットの作動時です↓↓

この画像の消火剤は液体ですが、昔の機器では消火剤は粉でした。粉だと色々な所に飛散してしまって後始末が大変だったと聞きました。
ここからも技術の進歩とトマホークジェットの進化がみられます。

トマホークジェットは、24時間365日火元を監視し異常発生時に警報で知らせ手動又は自動で消火剤を散布します。
予期せぬ火事でパニックに陥ってしまった際もトマホークジェットが初期消火をしっかりしてくれます。
初期消火が適切に行われないと、火は色々なものに燃え移り店全体、あるいは近隣を巻き込んだ大規模火災に発展してしまう事も・・・。
大規模火災になってしまうと、もうお店側だけの問題だけではなくなってしまいます。
できるならお店だけ、火元だけで鎮火させて被害を最小限に抑えたい。
このようなニーズに応え、お客様に安心を提供し続けられていることが愛用され続けている理由の1つではないでしょうか。

新潟県・糸魚川市の大規模火災を受け、消防庁は原則として全ての飲食店に対し、消火器の設置を義務付ける方針を固めた。現行で延べ面積150平方メートル以上としている消防法施行令を改正する。という動きがあるので今のうちに設置を検討しておくといざという時に困ることが減ると思います。また、消火器等の手動の消火機器の場合、社員・アルバイトを含む従業員に設置場所、使用方法を教えなければなりませんし、マニュアルがあるから大丈夫と思っていても火災にあった時に初期消火を適切にできるとは限りません。
パニックになってしまったり、消火器を使うのに時間がかかってしまったりとあたふたしている間にも火は勢いを増していきます。
いつも今日火事が起こるかもしれないと思いながら仕事をするのは無理だと思います。日が経つにつれてその意識は薄れていってしまうと思います。また、意識し続けられたとしても、いつ火事が起きるかわからないという不安からいい仕事がでいなくなってしまうかもしれません。

そこで今回紹介させて頂いているトマホークジェットの設置を検討して頂ければ幸いです。
油から火が出たなどの火事が起こりパニックになってすぐに外に逃げ出してしまってもトマホークジェットは初期消火をしっかりしてくれます。
ですから、外に出て我に返ったところで消防に連絡するなりの処置を行えば火災になることは少なくなるでしょう。

私ども東亜電設株式会社はトマホークジェットの施工、点検、消防署への必要書類の提出まで一貫して請け負っております。
施工、点検、書類提出をそれぞれ違う会社がやる所の場合、日程がなかなか決まらなかったりしてせっかトマホークジェットを取り付けると決めたのになかなか施工されないというケースも出てくるかと思いますが、東亜電設株式会社に頼んでいただければお客様の要望通りに事が進んでいきますので安心できるはずです。

少しでも気になった方は東亜電設株式会社までご連絡ください。

以上